ギャッベとは

ギャッベ(ギャベ)とは?

ギャッベとは、ペルシャ語で目が粗くて毛足の長い絨毯を指し、ギャベとも呼ばれます。遊牧民の手織り絨毯の略称で、もともとは、山岳地帯を移動する彼らの生活の中で羊の毛をザックリと織ってふかふかに仕上げ、ベッド等に使用する目的で作られました。近年、注目を浴びて、様々なバリエーションのギャッベが作られるようになり、著しく品質が向上しています。今、注目のラグです。

ギャッベには、様々なモチーフが織り込まれています。ラグマート.jpのギャッベにも柄が入っているものや、グラデーションのもの、現代のインテリアにマッチするように幾何学模様のものなど、様々です。

ギャッベ(ギャベ)の製法

ギャッベは元々、手結び(ハンドノッテッド)から始まりました。その後さまざまな需要から手織機による生産もされ、大量に出荷されるようになりました。それぞれの製法については、下記をクリックしてご覧ください。

ギャッベ イメージ